コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南原繁 なんばらしげる

7件 の用語解説(南原繁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南原繁
なんばらしげる

[生]1889.9.5. 香川
[没]1974.5.19. 東京
大正・昭和期の政治学者。1914年東京帝国大学法科大学卒業後内務省に入ったが,1921年退官して母校に帰り,政治学の研究に携わった。無教会派のクリスチャン,理想主義者,自由主義者として独自の学風をつくり,1942年には『国家と宗教』を刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんばら‐しげる【南原繁】

[1889~1974]政治学者。東大総長。香川の生まれ。無教会主義の立場にたち、国家主義マルクス主義を批判。第二次大戦後の講和問題では全面講和論を展開した。著「国家と宗教」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南原繁【なんばらしげる】

政治学者。香川県生れ。東大卒。1925年東大教授,1945年―1951年には総長を務めた。政治の哲学的研究を進め,《国家と宗教》(1942年),《フィヒテ政治哲学》(1959年)を著した。
→関連項目福田歓一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南原繁 なんばら-しげる

1889-1974 大正-昭和時代の政治学者。
明治22年9月5日生まれ。内務省につとめ大正14年母校東京帝大の教授となる。昭和20年法学部長,総長。25年サンフランシスコ講和条約締結の際,全面講和をとなえて,「曲学阿世の徒の空論」と非難する吉田茂首相と対立した。45年学士院長。日本政治学会理事長。貴族院議員。昭和49年5月19日死去。84歳。香川県出身。著作に「国家と宗教」「フィヒテの政治哲学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なんばらしげる【南原繁】

1889‐1974(明治22‐昭和49)
政治学者。香川県出身。1914年東京帝国大学を卒業して内務省に入ったが,21年母校の助教授となり,24年までヨーロッパに留学。25年教授に昇任し,主として政治学史を担任した。学生時代から内村鑑三によってキリスト教の信仰に導かれ,ドイツ観念論の独創的研究を中心に政治の哲学的研究を進め,それを通じて国体という擬似宗教を批判し,その成果を《国家と宗教》(1942),《フィヒテの政治哲学》(1959)にまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんばらしげる【南原繁】

1889~1974) 政治学者。香川県生まれ。東大教授。無教会派の信仰に立ち、国家主義を批判。戦後東大総長として教育改革に貢献、その演説は広く国民に影響を与えた。講和問題では全面講和を唱えて吉田茂を批判。著「国家と宗教」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南原繁
なんばらしげる
(1889―1974)

政治哲学者。香川県に生まれる。1914年(大正3)東京帝国大学法科卒業。内務省に入ったが東大に戻り、21年法学部助教授、25年教授。無教会主義キリスト教の信仰、プラトンカント、フィヒテなどの研究のうえにたって自己の政治哲学を模索し、『国家と宗教』(1942)において鋭いナチズム批判を行った。第二次世界大戦後、45年(昭和20)より51年まで東大総長。その間46年に貴族院議員に勅選され、教育制度の改革にあたった。冷戦のなかで全面講和論を主張し、50年には「曲学阿世(きょくがくあせい)の徒」と非難する吉田茂首相と論争した。50年代中期以降は著作活動に専念し、『フィヒテの政治哲学』(1959)、『政治理論史』(1962)、『政治哲学序説』(1971)などを著した。また歌集『形相(けいそう)』(1948)もある。46年以降日本学士院会員、70年以降同会長。48年より60年まで日本政治学会初代理事長を務めた。[半澤孝麿]
『『南原繁著作集』全10巻(1973・岩波書店) ▽『歌集 形相』(岩波文庫) ▽福田歓一編『南原繁書簡集』(1987・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南原繁の言及

【イールズ声明】より

…イールズは1949年7月19日,大学教授から共産主義者を排除すべきであると新潟大学で演説し,これを皮切りに全国約30大学を巡回した。この演説は占領軍の勧告と受け取られ,いくつかの大学で辞職勧告の動きがあらわれたが,南原繁東大総長は学問の自由の立場から反対を表明し,全国大学教授連合も総会で反対を決議した。翌年5月2日の東北大学での講演は学生の反対で中止となり,15日の北海道大学の講演では学生,教職員の質問によって退散せざるをえなくなり,イールズの全国行脚は失敗に終わった。…

【教育刷新委員会】より

アメリカ教育使節団に協力すべき日本側教育家の委員会が前身であり,後身は中央教育審議会であるといってよい。各界の識者約50名をもって組織され,発足当初の委員長は安倍能成,副委員長は南原繁で,委員のなかには高橋誠一郎,城戸幡太郎,天野貞祐,務台理作,森戸辰男などがいる。委員会は,46年9月から51年11月までの間に142回の総会を開催し,これと並行して,教育の理念および教育基本法の制定に関する第1特別委員会をはじめ21の特別委員会を設けて調査審議を行った。…

【太平洋戦争】より

… これに対し,知識人を中心とする個人的抵抗にはさまざまな類型があった。消極的抵抗としては,社会主義者の荒畑寒村らのような完全沈黙,作家の谷崎潤一郎や永井荷風,東大教授で政治学者の南原繁らのような非便乗の良心的活動があり,積極的抵抗には,弁護士正木ひろし(個人雑誌《近きより》発行),元東大教授で経済学者の矢内原忠雄(個人雑誌《嘉信》発行)らのような合法的抵抗,奔敵・逃亡などによる軍隊拒否,日本共産党幹部の徳田球一志賀義雄らやキリスト教徒で灯台社日本支部の明石順三らのような獄中抵抗,政治学者大山郁夫,俳優岡田嘉子,日本共産党野坂参三らのような国外での反戦活動があげられる。彼らの抵抗は,現実を動かす実効という点では弱く微力であったが,これらの人々の多くが,敗戦後の民主化された日本社会のなかで大きな足跡を残したことは,特筆されるべき事実であった。…

※「南原繁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南原繁の関連キーワード清水崑神川彦松島田武夫島田久吉洲崎義郎塚本三土倉宗明長野高一前田房之助最上政三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南原繁の関連情報