コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩下壮一 いわしたそういち

7件 の用語解説(岩下壮一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩下壮一
いわしたそういち

[生]1889.9.18. 東京
[没]1940.12.3. 静岡,神山
カトリック司祭。ケーベル門下の哲学者で,日本におけるトミズムの先駆者。東京大学哲学科卒業。 1925年司祭となる。静岡県の神山復生病院院長として救癩事業に献身するとともにカトリシズムの指導者として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわした‐そういち〔いはしたサウイチ〕【岩下壮一】

[1889~1940]神学者・哲学者。東京の生まれ。日本におけるカトリック神学研究の先駆者。静岡県神山復生病院長となり、ハンセン病患者の救済事業に尽力。著「信仰の遺産」「中世哲学思想史研究」「カトリックの信仰」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

岩下壮一【いわしたそういち】

カトリック司祭,ケーベル門下の哲学者。東大哲学科卒,1925年司祭叙階。日本におけるカトリシズムの啓蒙家で,救らい事業にも献身し,神山復生病院長を務めた。《岩下壮一全集》9巻がある。
→関連項目吉満義彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩下壮一 いわした-そういち

1889-1940 大正-昭和時代前期の司祭。
明治22年9月18日生まれ。岩下清周(きよちか)の長男。明治34年受洗。七高教授をへて大正8年ヨーロッパに留学。14年司祭となり帰国し,神学の研究とともに布教活動に尽力。ハンセン病施設神山復生病院長もつとめた。昭和15年12月3日死去。52歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「カトリックの信仰」「中世哲学思想史研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いわしたそういち【岩下壮一】

1889‐1940(明治22‐昭和15)
カトリック司祭,宗教思想家。カトリック神学,教父およびスコラ学の解説,紹介につとめ〈カトリシズムが日本の思想界で市民権を得ること〉をその活発な著作活動の目標とした。暁星中学時代に受洗,東京帝大ではR.ケーベルに哲学を学び,七高教授として欧州留学中(1919‐25)に司祭となる。帰国後は東京でおもに学生,知識人にたいして宣教活動を行ったが,30年以降神山復生病院の院長として救ライ事業に献身した。思想家としての役割は啓蒙にとどまったが,豊かな学識,深い神秘感覚および聖なる生活によって大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いわしたそういち【岩下壮一】

1889~1940) カトリック司祭。静岡県生まれ。主著「信仰の遺産」「中世哲学思想史研究」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩下壮一
いわしたそういち
(1889―1940)

カトリック司祭。東京に生まれる。東京帝国大学でケーベル博士の下にギリシア哲学、中世哲学の研究を志し、ヨーロッパに留学するが、留学中、聖職につくことを決意、司祭として帰国する。執筆、学生指導などによる布教活動のほか、ハンセン病の神山復生病院で院長も務めた。カトリシズムにおいてキリスト教を見直す神学的宗教論文は『信仰の遺産』に、中世哲学思想において哲学的世界観の問題を見直す精神史的哲学論文は『中世哲学思想史研究』に収められている。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩下壮一の関連キーワード633美の里いの(町)吾北高知(市)饗庭篁村広島(市)自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone