コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭湾国定公園 わかさわんこくていこうえん

6件 の用語解説(若狭湾国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若狭湾国定公園
わかさわんこくていこうえん

福井県南西部,敦賀半島から京都府由良川にいたる若狭湾岸を中心とした自然公園。面積 191.95km2。1955年指定。1962年敦賀半島,1968年丹後半島,1971年三方町(→若狭町)の一部を追加指定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わかさわん‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【若狭湾国定公園】

福井県と京都府にまたがる若狭湾の海岸からなる国定公園。若狭蘇洞門(そとも)三方(みかた)五湖気比(けひ)の松原などがあり、海水浴場も多い。平成19年(2007)に天橋立(あまのはしだて)を含む丹後半島海岸部を、丹後天橋立大江山国定公園として分離した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

若狭湾国定公園【わかさわんこくていこうえん】

福井県と京都府にまたがる若狭湾を中心とする国定公園。1955年指定,1962年敦賀(つるが)半島地区追加指定。2007年天橋立地域分離。若狭湾岸はリアス式の沈降海岸で,小半島や小湾入の入り組んだ複雑な海岸線が続く。
→関連項目大飯[町]小浜[市]京都[府]高浜[町]舞鶴[市]三方[町]美浜[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県(京都府)〕若狭湾国定公園(わかさわんこくていこうえん)


福井県と京都府にまたがる若狭湾岸の国定公園。陸域面積1万9195ha、海中公園4ヵ所計30.2ha。1955年(昭和30)指定、1962~1971年にかけて敦賀(つるが)半島・丹後(たんご)半島・福井県三方(みかた)町の一部を追加指定。海食崖(かいしょくがい)・海食洞・砂州など変化に富んだ海岸景観が特徴。特産種のオオキンレイカ、ムツサンゴ、ニホンジカ・ニホンザルなど多様な動植物相をもつ。奇観で有名な蘇洞門(そとも)、白砂青松の気比(けひ)の松原、三方五(みかたご)湖など多くの景勝地に恵まれる

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若狭湾国定公園
わかさわんこくていこうえん

福井県と京都府にまたがる若狭湾沿岸一帯の海岸美を主とする国定公園。1955年(昭和30)天橋立(あまのはしだて)から美浜(みはま)海岸までが指定を受け、1962年敦賀(つるが)半島地区、1968年丹後(たんご)半島地区が追加指定された。2007年(平成19)、天橋立を含む丹後半島海岸部を、新設の丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園の一部とするために分離。面積191.95平方キロメートル。立石(たていし)岬、若狭蘇洞門(そとも)、音海断崖(おとみだんがい)、成生(なりゅう)岬などの壮大な海食崖と、気比(けひ)ノ松原、水晶浜、高浜などの砂浜が入り交じり、三方(みかた)五湖を加えて変化に富んだ景観が展開する。また、三方五湖の梅丈(ばいじょう)岳レインボーライン、小浜(おばま)湾の久須夜(くすや)ヶ岳エンゼルライン、舞鶴湾の五老(ごろう)岳展望台や常神(つねがみ)半島の三方海域公園などの開発も進んでいる。常神の大ソテツ、大島半島・成生岬の天然ビワや、西方(さいほう)ヶ岳のカモシカ、冠(かんむり)島のオオミズナギドリのほかシカ、サルなども生息する。小浜付近の平安・鎌倉期の古文化財も彩りを添える。各地の砂浜は好海水浴場で、釣りの適地も多い。[島田正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若狭湾国定公園の関連情報