コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇洞門 そとも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇洞門
そとも

若狭蘇洞門ともいわれ,外面とも書く。福井県南西部,小浜湾を東から囲む内外海半島の北岸にある景勝地。小浜市に属する。花崗岩柱状節理日本海荒波に浸食され,奇岩怪石が東西 6kmにわたって連続する名勝若狭湾国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そとも【蘇洞門】

福井県西部、若狭(わかさ)湾に突出した内外海(うちとみ)半島の先端にある景勝地。6キロメートルにわたって、海食洞の大門・小門をはじめ唐船(からふね)島・獅子岩・夫婦亀(めおとかめ)岩・碁石浜(ごいしがはま)などが続く。国指定名勝。若狭湾国定公園に属する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蘇洞門【そとも】

福井県小浜市,若狭湾国定公園に属する内外海(うちとみ)半島北岸の景勝地(名勝)。花コウ岩の断崖が柱状節理に沿って海食を受け,大門,小門,唐船岩,獅子岩などの洞門や奇岩がみられる。
→関連項目小浜[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕蘇洞門(そとも)


福井県小浜(おばま)市、若狭(わかさ)湾に突き出た内外海(うちとみ)半島北端にある大断崖(だんがい)海岸。海食を受けた花崗(かこう)岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が約6km続き、大門・小門などの洞門や唐船(からふね)岩・夫婦亀(めおとかめ)岩などの奇岩がみられる。国指定の名勝。小浜港より遊覧船が運航。若狭湾国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇洞門
そとも

福井県西部、小浜(おばま)湾を抱く内外海(うちとみ)半島の外海側にある景勝地。若狭(わかさ)湾国定公園の一部で国指定名勝。「外面(そとも)」とも書く。6キロメートルにわたって展開する花崗(かこう)岩の海食崖(がい)で、節理に沿って波食を受け、海食洞の大門、小門をはじめ、唐船(からぶね)岩、獅子(しし)岩、夫婦亀(めおとがめ)岩や、碁石浜(ごいしがはま)など奇岩が並ぶ。花崗岩の白い岩肌と青い海のコントラストも鮮やかである。探勝には小浜から遊覧船で約50分を要する。[島田正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘇洞門の関連キーワード福井県小浜市小浜(市)若狭蘇洞門海岸洞門

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘇洞門の関連情報