コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田清雄 おだ すがお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田清雄 おだ-すがお

?-1894 明治時代の国学者,神職。
はじめ平田銕胤(かねたね),のち六人部是香(むとべ-よしか)に師事する。また大国隆正を模範として国語学に精通し,おおくの物語,日記などに注釈を付した。奈良県の中学校教員,住吉神社の祠官などをつとめた。明治27年7月死去。和泉(いずみ)(大阪府)出身。通称は藤兵衛,政太郎。著作に「国文全書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田清雄の関連キーワード国学者

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android