コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放鳥 ホウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ちょう〔ハウテウ〕【放鳥】

[名](スル)
繁殖のために、野鳥のひなを人工的に育ててから放すこと。また、生態調査などのために、捕らえた鳥に目印などをつけて放すこと。
放生会(ほうじょうえ)や葬式などの際、供養功徳のために、捕らえていたを逃がしてやること。また、その鳥。放ち鳥。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうちょう【放鳥】

( 名 ) スル
繁殖を目的として、鳥の雛を人工的に育ててから放すこと。
繁殖・分布・生態などの調査のため、捕らえた野鳥に目印をつけて放すこと。
放生会ほうじようえや葬儀のとき、功徳のために捕らえておいた鳥を放してやること。はなちどり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放鳥の関連キーワード動物園などでの鳥インフルエンザへの対応指針兵庫県立コウノトリの郷公園コウノトリの野生復帰コジュケイ(小綬鶏)バードウオッチングナベヅル放鳥事業オシドリ(鴛鴦)出水平野のツルトキ保護の歴史シチメンチョウクレー射撃競技兵庫県豊岡市ホシムクドリコウライキジオオジュリンコウノトリ鳥類標識法コジュケイハワイガンシラコバト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放鳥の関連情報