小衣(読み)こぎん

百科事典マイペディアの解説

小衣【こぎん】

青森,秋田などでは古くから麻や木綿の短い単(ひとえ)の仕事着を〈こぎん〉というが,のち補強のため胸や肩に白の木綿糸で直線的な幾何学模様を刺子にしたものをいうようになった。特に津軽地方のものが名高い。現在では刺繍(ししゅう)の技法にとり入れられ小衣刺しなどと呼ばれている。
→関連項目刺子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小衣の関連情報