コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野光敬 おの こうけい

2件 の用語解説(小野光敬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野光敬 おの-こうけい

1913-1994 昭和-平成時代の刀剣研磨師。
大正2年7月30日生まれ。昭和10年上京して本阿弥光遜(ほんあみ-こうそん)に師事。22年から東京国立博物館に勤務し,正倉院御物148口をはじめ国宝,重要文化財の刀剣類研磨を数おおく手がけた。50年人間国宝。平成6年6月29日死去。80歳。岩手県出身。本名は清之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野光敬
おのこうけい
(1913―1994)

刀剣研磨師。岩手県盛岡生まれ。本名清之助。大正・昭和の研ぎ師で、鑑定家でもあった本阿弥光遜(ほんあみこうそん)に師事し、師の光をとり光敬と号す。第二次世界大戦後、東京国立博物館の調査員として館蔵品の刀剣類を研磨、ついで大阪・四天王寺の丙子椒林剣(へいししょうりんけん)や七星剣など上古刀を手がけ、さらに1958年(昭和33)からは正倉院の刀剣の研磨に毎年携わる。刀剣研磨技術の第一人者として75年本阿弥日洲(にっしゅう)とともに重要無形文化財保持者に認定された。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野光敬の関連キーワード帯剣佩剣大内田茂士真房大進房永山光幹藤代松雄法華三郎信房本阿弥光達本阿弥日洲

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone