尾を泥中に曳く(読み)オヲデイチュウニヒク

デジタル大辞泉の解説

尾(お)を泥中に曳(ひ)く

《楚王に仕官を求められた荘子が「亀は、殺されて占いの用に立てられて大切にされるよりは、泥の中にをひきずってでも生きているほうを望むだろう」と言って断わったという「荘子秋水故事から》仕官して自由を束縛されるよりも、貧しくとも郷里で気楽に暮らすほうが良いということのたとえ。尾を塗中(とちゅう)に曳く。曳尾(えいび)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おをでいちゅうにひく【尾を泥中に曳く】

〔荘子が楚王に仕官を求められた時、「亀かめは、殺されて亀卜きぼくに用いられて珍重されるよりは、泥の中に尾を引きずってでも生きたいだろう」と言って断ったという「荘子秋水」の故事から〕
仕官せずにのんびり暮らすこと。曳尾塗中。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android