コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形亀之助 おがた かめのすけ

2件 の用語解説(尾形亀之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形亀之助 おがた-かめのすけ

1900-1942 大正-昭和時代前期の詩人。
明治33年12月12日生まれ。画家をこころざし,上京して村山知義らと前衛美術団体マヴォを結成。詩誌「亜」の同人となり,大正14年「色ガラスの街」を出版。「銅鑼(どら)」「歴程」などに作品を発表した。昭和17年12月2日死去。43歳。宮城県出身。東北学院中退。詩集に「雨になる朝」「障子のある家」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾形亀之助
おがたかめのすけ
(1900―1942)

詩人。宮城県に生まれる。東北学院普通部中退。油絵を未来派展に出したりしたが、村山知義(ともよし)らと『MAVO』を結成し、主としてアナキスト系の詩人と交わった。色彩感覚の優れた詩風の底に虚無的な想念をただよわせ、『色ガラスの街』(1925)、『雨になる朝』(1929)、『障子のある家』(1930)の3詩集を出した。『亜(あ)』『銅鑼(どら)』『歴程』などに参加し、短詩や新散文詩の運動にかかわった。[角田敏郎]
『草野心平・秋元潔編『尾形亀之助全集』全1巻(1970・思潮社) ▽工藤信彦著「尾形亀之助」(『現代詩鑑賞講座8』所収・1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾形亀之助の関連キーワード県忍天田貞吉五十嵐鉄上田茂樹小野重行近藤淳吉菅忠雄関口蕃樹那須弓雄山田賀一

尾形亀之助の関連情報