層雲峡温泉(読み)そううんきょうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層雲峡温泉
そううんきょうおんせん

北海道中央部,大雪山北東麓,石狩川の峡谷中にある温泉。上川町に属する。柱状節理のみごとな大峡谷をなす層雲峡にあって,エゾマツトドマツの原生林に囲まれ,自然環境の豊かな観光温泉地を形成。泉質は単純泉,硫黄泉。泉温は 57.5~97℃で湯量は豊富。大正中期の開発になるが,道央を東西に横切る大雪国道に沿っており,また温泉場から黒岳7合目までロープウェーやリフトがかけられ,大雪山観光の一大基地となって発展した。大雪山国立公園に属し,層雲峡博物館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

層雲峡温泉

北海道上川郡上川町、道中央部、大雪山国立公園内、大雪山の麓に位置する温泉。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

層雲峡温泉の関連情報