山内 明(読み)ヤマノウチ アキラ

20世紀日本人名事典の解説

山内 明
ヤマノウチ アキラ

昭和・平成期の俳優



生年
大正10(1921)年7月11日

没年
平成5(1993)年10月29日

出生地
東京・麻布

学歴〔年〕
早稲田大学文学部国文科〔昭和18年〕卒

経歴
早大在学中劇団・若い仲間を結成、昭和17年学生のまま松竹太秦撮影所に入社。翌18年「海軍」の主役に抜擢され注目された。戦後は25年劇団民芸創設に参加(49年に退団)。50年演劇集団・どらまんを結成、俳優養成所の塾長も務める。他の出演作に映画「にあんちゃん」「戦争と人間」、テレビ「泣いて笑ってオンリーユー」「男が家を出る時」「悪女舞踏会」「おばあちゃんの嫁ぐ日」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山内 明
ヤマノウチ アキラ


職業
俳優

生年月日
大正10年 7月11日

出生地
東京市麻布区(東京都 港区)

学歴
早稲田大学文学部国文科〔昭和18年〕卒

経歴
早大在学中劇団・若い仲間を結成、昭和17年学生のまま松竹太秦撮影所に入社。翌18年「海軍」の主役に抜擢され注目された。同年10月大学を繰り上げ卒業し陸軍に応召。満州・中国を転戦し、20年5月帰国。戦後は21年松竹京都に入り直し、22年松竹大船に移る。同年「若き日の血は燃えて」に主演。25年劇団民芸創設に参加、「かもめ」「イルクーツク物語」「冬の時代」などに主演、48年に退団。50年演劇集団・どらまんを結成、俳優養成所の塾長も務める。他の出演作に映画「修善寺物語」「にあんちゃん」「豚と軍艦」「戦争と人間」「病院で死ぬということ」、テレビ「泣いて笑ってオンリーユー」「男が家を出る時」「悪女の舞踏会」「おばあちゃんの嫁ぐ日」、舞台「ガーネベイド」「奇跡の人」など。

没年月日
平成5年 10月29日 (1993年)

家族
父=山野 一郎(漫談家),弟=山内 久(脚本家),山内 正(作曲家),長女=山内 美郷(エッセイスト)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報