コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内首藤時通(2) やまのうちすどう ときみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内首藤時通(2) やまのうちすどう-ときみち

?-1456 室町時代の武将。
山内首藤煕通(ひろみち)の子。応永33年父から備後(びんご)(広島県)地毘(じびの)荘などの所領をつぐ。文安元年播磨(はりま)守護山名持豊(もちとよ)から枝吉別府領家職(しき)を,2年幕府から桑原荘地頭職をあたえられた。康正(こうしょう)2年死去。通称は馬子丸。法名は栢叟浄貞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内首藤時通(2)の関連キーワード酬恩庵B判形見アルギュロプロスコシャマイン甲斐常治蠣崎光広甘露寺親長コシャマイン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone