山口シヅエ(読み)ヤマグチシズエ

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐しずえ〔‐しづえ〕【山口シヅエ】

[1917~2012]政治家。東京の生まれ。本名、静江。昭和21年(1946)の衆議院議員選挙に当選し、日本初の女性国会議員の一人となる。「下町の太陽」と呼ばれて親しまれ、売春防止法制定などに尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口シヅエ やまぐち-シヅエ

1917-2012 昭和時代後期の政治家。
大正6年10月31日生まれ。参議院議員・山口重彦の娘。父の経営する山口自転車取締役をへて,昭和21年衆議院議員(社会党)。売春防止法の成立に貢献。42年自民党にうつり,経済企画政務次官。全国婦人連盟会長をつとめた。当選13回。56年国連平和賞を受賞。平成24年4月3日死去。94歳。東京出身。東京府立第七高女卒。本名は静江。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android