山口良忠(読み)やまぐち よしただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口良忠 やまぐち-よしただ

1913-1947 昭和時代の裁判官。
大正2年1月11日生まれ。山口良吾の長男。東京地裁判事。敗戦後の食糧難の時期に,食糧管理法違反者をさばく立場からやみ米を拒否する。配給食糧だけで生活し,栄養失調から肺浸潤となり,昭和22年10月11日死去。35歳。佐賀県出身。京都帝大卒。
【格言など】自分はソクラテスならねど食糧統制法の下,喜んで餓死するつもりだ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android