山本英一郎(読み)ヤマモトエイイチロウ

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐えいいちろう〔‐エイイチラウ〕【山本英一郎】

[1919~2006]野球選手・審判岡山の生まれ。慶大野球部、社会人野球の鐘紡で外野手として活躍。アマチュア野球審判員を経て、日本社会人野球協会(日本野球連盟前身)の会長を務める。全日本アマチュア野球連盟設立尽力し、野球のオリンピック参加など国際化にも貢献した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本英一郎 やまもと-えいいちろう

1919-2006 昭和-平成時代の野球人。
大正8年5月12日生まれ。台北第一中学,慶大,鐘紡で外野手としてプレー戦後,光栄実業を設立し,社長。全日本アマチュア野球連盟,全日本野球会議の結成に中心的役割をはたす。また国際野球連盟第一副会長として,国際交流や野球をオリンピックの正式競技とするために尽力。平成9年野球殿堂入り。平成18年5月26日死去。87歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android