コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山東京山 さんとう きょうざん

7件 の用語解説(山東京山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山東京山

江戸時代後期の戯作者。岩瀬氏。百樹。京伝の弟。初め篠山侯に仕うが辞して兄の業をつぐ。狂歌をよくす。安政5年(1858)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんとう‐きょうざん〔‐キヤウザン〕【山東京山】

[1769~1858]江戸後期の戯作者。江戸の人。本名、岩瀬百樹(いわせももき)。京伝の弟。篆刻(てんこく)を本業としながら、合巻「復讐妹背山(かたきうちいもせやま)物語」「教草女房形気」、風俗考証「歴世女装考」などを著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山東京山 さんとう-きょうざん

1769-1858 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
明和6年6月15日生まれ。山東京伝の弟。黒鳶(くろとび)式部の兄。兄にたすけられて篆刻(てんこく)業のかたわら戯作をかく。「大晦日曙(おおみそかあけぼの)草紙」など,おおくの合巻(ごうかん)をのこした。風俗考証の随筆に「歴世女装考」がある。安政5年9月24日死去。90歳。江戸出身。姓は岩瀬。名は百樹(ももき)。字(あざな)は鉄梅。通称は相四郎。別号に涼仙,覧山,山東庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山東京山

没年:安政5.9.24(1858.10.30)
生年:明和6.6.15(1769.7.18)
江戸後期の戯作者。本名は岩瀬百樹。別号は鑾山,涼仙など。江戸深川木場の質屋伊勢屋の次男で,その兄である長男が山東京伝である。青年時は他家を継いで武家勤めをし,書家佐野東州の婿養子となったりしたが,いずれも続かず,文化初年(1804年ごろ)から兄京伝に倣って戯作界に入り,合巻の世界で活躍。京伝没後もおおいに盛行し,百六十余種の作品を刊行している。一方,篆刻家としても名をなし,京伝の店の営業も受け継いで,温厚な人柄によって重んじられた。その作風は常識的教訓と温雅な筆致による長編合巻に長じていたと評される。

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんとうきょうざん【山東京山】

1769‐1858(明和6‐安政5)
江戸後期の戯作者。本名は岩瀬百樹。字は鉄梅。通称は相四郎。別号は涼仙,覧山など。山東京伝の弟。江戸深川に生まれる。漢学を修め書を学び,一時青山侯に仕えたこともある。篆刻を業とし,かたわら1807年(文化4)の合巻《復讐妹背山(かたきうちいもせやま)物語》を処女作として,《隅田春芸者容気(すだのはるげいしやかたぎ)》(1819)その他演劇種の多くの作を残したが,とくに《大晦日(おおみそか)曙草紙》(1839‐59),《教草(おしえぐさ)女房形気》(1846‐58)など,晩年における婦女子向きの平易で温雅な教訓をふくめた長編作の多くに特色ある作風を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんとうきょうざん【山東京山】

1769~1858) 江戸後期の戯作者。本名、岩瀬百樹ももき。京伝の弟。篆刻てんこくを業とした。合巻を多数書き、狂歌や絵もよくした。著「教草女房気質おしえぐさにようぼかたぎ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山東京山
さんとうきょうざん
(1769―1858)

江戸後期の合巻(ごうかん)作者。山東京伝の弟で、本名岩瀬百樹(ももき)、字(あざな)は鉄梅、通称相四郎、別号に山東庵(あん)、山東舎、鉄筆堂など。1807年(文化4)刊『復讐妹背山物語(かたきうちいもせやまものがたり)』を処女作として50余部の合巻を執筆している。初めは兄京伝に倣って二、三の読本(よみほん)や滑稽本(こっけいぼん)の作もあるが、16年京伝が没してのちは敵討物(かたきうちもの)の合巻に専心し、晩年は『昔模様娘評判記』(1835~42、全6編)、『大晦日曙草紙(おおみそかあけぼのぞうし)』(1839~59、全26編)、『教草女房形気(おしえぐさにょうぼうかたぎ)』(1846~58、全20編)など、浮世草子(うきよぞうし)の気質物(かたぎもの)の作風に倣った長編合巻を多く執筆した。柳亭種彦(りゅうていたねひこ)、曲亭馬琴(きょくていばきん)に次ぐ合巻作者であるが、作風は婦女子を対象として教訓的である。ほかに風俗考証の好著『歴世女装考』(1847成)がある。[神保五彌]
『『教草女房形気』(1935・有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山東京山の言及

【鈴木牧之】より

…文筆の才に恵まれており,越後の風土を描いた《北越雪譜》(1836‐42)は,雪国の自然や生物,機織業やサケ漁,古い民俗信仰の実態などをまとめた名作として知られている。牧之は江戸の文人との交流が深く,滝沢馬琴,大田南畝,山東京山,十返舎一九,式亭三馬との親交が知られている。《北越雪譜》は,京山が文章に目を通し,さし絵も,京山の子京水が筆をとっている。…

※「山東京山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山東京山の関連キーワード高橋波藍渡辺松臺本阿彌親平松田蘆山松本龍澤斎藤抱山岸田青城戯作者黒鳶式部宝田千町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone