コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路ふみ子 やまじ ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路ふみ子 やまじ-ふみこ

1912-2004 昭和時代の女優。
明治45年3月13日生まれ。ミス神戸にえらばれ,昭和5年「時代の反抗児」で映画デビュー。以後「国境の町」「愛怨峡」「あゝ故郷」ほか100本以上の映画に出演した。戦後引退して東京・芝公園に料亭をひらく。39年料亭を売却し,山路ふみ子自然科学振興財団を設立して新進の研究者を助成,51年には山路ふみ子文化財団を設立して日本映画振興のために賞を贈呈するなど公益事業にとりくんだ。平成16年12月6日死去。92歳。兵庫県出身。森高女卒。本名は大久保ふみ子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山路ふみ子の関連キーワード河原崎 権十郎(3代目)元禄忠臣蔵 前篇元禄忠臣蔵 後篇勅使河原 宏衣笠 貞之助山路 ふみ子隅田 満寿代淀川 長治伊藤 大輔大原 麗子青木 富夫三橋 達也村瀬 幸子徳間 康快北林 谷栄森繁 久弥小林 桂樹杉村 春子岩田 祐吉伊丹 十三

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android