岐阜の宝もの認定プロジェクト(読み)ぎふのたからものにんていぷろじぇくと

事典 日本の地域遺産の解説

岐阜の宝もの認定プロジェクト

「岐阜のもの認定プロジェクト」は、“飛騨・美濃じまん運動”を推進ための主要プロジェクトの1つ。2007(平成19)年11月県内各地域のじまんを掘り起こすため、県内外から「ふるさとのじまん」を募集し、岐阜県観光の振興につながるものを「じまんの原石」として選定。この中から、ふるさとの自慢となるものを「岐阜の宝もの」に認定し、今後の取り組みによっては「岐阜の宝もの」になると期待されるものを「明日の宝もの」として認定している。〔認定方法〕知事が委嘱した委員からなる「ぎふの宝もの」認定委員会の意見を基に知事が認定する。〔認定基準〕1.今までにない新しいタイプの観光資源としての魅力。2.長期間にわたり魅力を発することができる継続性を有し、岐阜県ならではのオリジナリティがある。3.リピーター確保につながる内容。4.他の観光資源との連携の可能性がある。5.現地スタッフや関係者による継続的な受入体制や、やる気がある。6.交通アクセスが確保できる。
[選定機関] 岐阜県
[選定時期] 2007(平成19)年~
[登録・認定名] 天生県立自然公園と三湿原回廊〔岐阜の宝もの〕 | 乗鞍山麓五色ヶ原の森〔岐阜の宝もの〕 | 東濃地方の地歌舞伎と芝居小屋〔岐阜の宝もの〕 | 小坂の滝めぐり〔岐阜の宝もの〕 | 岩村城跡(じょうせき)と岩村城下町〔明日の宝もの〕 | 中山道〔明日の宝もの〕 | 美濃白川四季彩街道〔明日の宝もの〕 | 八百津のおやつ〔明日の宝もの〕 | 郡上鮎〔明日の宝もの〕 | 川原町界隈〔明日の宝もの〕

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android