コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本大八 おかもとだいはち

3件 の用語解説(岡本大八の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本大八
おかもとだいはち

[生]?
[没]慶長17(1612).3.21. 駿府
江戸時代本多正純に仕えた武士でキリシタン。慶長 14 (1609) 年,有馬晴信から長崎港外でポルトガル船『マードレ・デ・デウス』号を撃沈した手柄を幕府に上申してやることを口実に賄賂をとり,それが発覚したため捕えられたが,晴信が先年長崎奉行長谷川藤広を毒殺した旧悪を幕府に上書したため,晴信とともに幕府から処罰され,晴信は領地没収,甲斐に流され,大八は同 17年駿府で火刑に処せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本大八 おかもと-だいはち

?-1612 江戸時代前期の武士。
本多正純の家臣でキリシタン。キリシタン大名有馬晴信から賄賂(わいろ)をとったことが発覚。獄中から晴信の長崎奉行殺害の企てを幕府にうったえたが,慶長17年3月21日駿河(するが)(静岡県)安倍川河原で火刑となった。洗礼名はパウロ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本大八
おかもとだいはち
(?―1612)

徳川家康の側近本多上野介正純(ほんだこうずけのすけまさずみ)の近臣。肥前のキリシタン大名有馬晴信に対し偽って収賄し、そのことが露見して処刑された。1609年(慶長14)長崎港外において、ポルトガル船ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号が、有馬勢によって撃沈された。その後、本多正純の近臣大八は、パウロという教名のキリシタンであったが、有馬晴信から収賄し、晴信に、かつて有馬領であった肥前の一部がその事件の論功行賞として与えられると言明した。その真相はまもなく露見し、大八は慶長(けいちょう)17年5月6日、財産を没収のうえ火刑に処せられた。有馬晴信もまたこの件で死罪を仰せつけられた。この事件を契機に幕府のキリシタン弾圧、禁教政策が始まった。[松田毅一]
『D・パチェコ著『九州キリシタン史研究』(1977・キリシタン文化研究会) ▽片岡弥吉著『日本キリシタン殉教史』(1979・時事通信社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡本大八の言及

【岡本大八事件】より

…江戸初期,徳川家康の側近本多正純の与力でキリシタンの岡本大八(洗礼名パウロ)が,1610年1月(慶長14年12月)ポルトガル船ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号(一名,マードレ・デ・デウス号)を爆沈させたキリシタン大名有馬晴信から,その恩賞斡旋にかこつけて多額の金品を詐取した事件。12年大八は下獄し晴信の長崎奉行長谷川左兵衛謀殺の企てを訴えて対決した。…

※「岡本大八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡本大八の関連キーワード慶長金慶長銀没・歿勃・歿・没雲谷等与国包(2代)竹若伊右衛門真壁房幹Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone