岡田朝太郎(読み)おかだ あさたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「岡田朝太郎」の解説

岡田朝太郎 おかだ-あさたろう

1868-1936 明治-大正時代の刑法学者。
慶応4年5月29日生まれ。ヨーロッパに留学後,明治33年東京帝大教授。39年清(しん)(中国)政府にまねかれ,法典起草にかかわる。のち早大,明大教授。川柳研究家としてもしられた。昭和11年11月13日死去。69歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。帝国大学卒。号は三面子,虚心。著作に「日本刑法論」,句集「三面子狂句集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「岡田朝太郎」の解説

岡田朝太郎
おかだあさたろう

[生]明治1(1868).5. 東京
[]1936.11.13. 葉山
刑法学者。大垣藩士の子。東京大学助教授としてドイツに留学,F.リストに学ぶ。 1900年,帰朝して同大学教授となり,6年間在職。 1906年,清国政府の招聘を受けて北京に渡り,修訂法律大臣沈家本を助けて近代的刑法の編纂にあたるかたわら,京師法律学堂において教鞭をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android