コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚心 キョシン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐しん【虚心】

[名・形動]心に何のこだわりももたずに、すなおであること。また、そのさま。「忠告を虚心に聞く」
[派生]きょしんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょしん【虚心】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
先入観や偏見をもたず、ありのままを素直に受け入れること。心にわだかまりをもたないこと。また、そのさま。 「 -に耳を傾ける」
いつわりの心。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

虚心の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸ウィルソンの「十四か条」岡田 朝太郎岡田朝太郎黒板 勝美藤岡作太郎コットマン武家様文書前田利鬯葛飾応為真大道教葛飾北斎木畑定直虚心坦懐黒板勝美虚心平気十二合掌遠山英一先入観

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虚心の関連情報