コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野源三 おかの げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野源三 おかの-げんぞう

1817-1900 江戸後期-明治時代の園芸家。
文化14年7月1日生まれ。生地の大和東安堵(あんど)村(奈良県安堵町)で農業に従事山城(京都府)南部から梨の苗木をもちかえり,「金子(きんこ)」「島田」などの品種を栽培。袋かけ,排水,肥料の改良につとめ,生産水準を向上させる。灯心にもちいる藺草(いぐさ)の栽培にもとりくんだ。明治33年8月22日死去。84歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡野源三の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android