コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩代国 いわしろのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩代国
いわしろのくに

磐代国とも書く。明治1 (1868) 年,陸奥国を分割して設置。会津,大沼,河沼,耶麻 (やま) ,岩瀬,安積 (あさか) ,安達,信夫 (しのぶ) ,刈田,伊具の 10郡をおいた。翌年磐城国より伊達郡を併合し,岩代より刈田,伊具2郡を磐城国にさいた。同4年二本松若松2県となる。次いで二本松県福島県となり,1876年,若松県も福島県に合併されて今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわしろ‐の‐くに〔いはしろ‐〕【岩代国】

岩代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

岩代国【いわしろのくに】

旧国名。福島県西半。1868年陸奥(むつ)国を分割して設置。1871年当国域にあった白河・二本松・福島3県が合併して二本松県,さらに福島県となり,1876年に今の福島県に統合。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩代国
いわしろのくに

1868年(明治1)12月7日陸奥(むつ)国を磐城(いわき)、岩代、陸前、陸中、陸奥(むつ)の5か国に分国したとき建置された国。岩代国は会津、大沼、河沼、耶麻(やま)、岩瀬、安積(あさか)、安達(あだち)、信夫(しのぶ)、刈田(かった)、伊具(いぐ)の10郡より成立した。しかし翌69年の『太政官(だじょうかん)日誌』第110号によると、同年12月8日、分国改正が行われ、磐城国伊達(だて)郡は岩代国に編入され、刈田、伊具の2郡は磐城国に割譲された。これによって岩代国は9郡、石高75万5703石9斗6升となった。76年8月21日福島、磐前(いわさき)、若松の3県が合併して福島県が成立し、岩代国は福島県に属した。78年会津郡を北会津郡と南会津郡の2郡に分割したので、岩代国は10郡となった。岩代国はもともと奈良時代に一時存在した石背(いわせ)国と領域はほぼ同じであり、また岩代の地名も、この石背を岩代と誤ったことによるといわれる。いずれにしても府県制度が敷かれると、国名は単なる歴史的地名にしかすぎなくなった。[誉田 宏]
『『福島県会沿革誌 上巻』(1889・福島県) ▽『福島県市町村沿革』(1958・福島県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩代国の言及

【陸奥国】より

… 1868年(明治1)戊辰戦争に際し諸藩は奥羽越列藩同盟を結んだが,会津戦争に敗れた。新政府は同年12月領地没収などの処分を行うとともに,陸奥国を磐城(いわき)国(現,福島県東部と宮城県南部),岩代(いわしろ)国(現,福島県中・西部),陸前国(現,宮城県中・北部と岩手県南東部),陸中国(現,岩手県の大部分と秋田県北東部),陸奥国(現,岩手県北西部と青森県)の5国に分割した。【渡辺 信夫】。…

※「岩代国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩代国の関連キーワード中村善右衛門鈴木 万次郎高橋 太華佐治 幸平菅江綾雄野岩鉄道石井研堂服部撫松岸本調和原抱一庵旧国名岩代石会津焼石背国磐梯岩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android