コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎武雄 いわさきたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩崎武雄
いわさきたけお

[生]1913.11.10. 東京
[没]1976.10.20. 東京
哲学者。東京大学教授。ドイツ観念論英米の経験論哲学をおもに論じ,また哲学入門的な活動を行う。主著には『倫理学』 (1971) ,『カント純粋理性批判」の研究』 (76) ,『カント』 (76) ,『真理論』 (76) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎武雄 いわさき-たけお

1913-1976 昭和時代の哲学者。
大正2年11月10日生まれ。旧制成城高教授をへて昭和31年東大教授。カント,実存哲学などを研究。晩年,実践を重視した「人間の立場の哲学」を体系化しようとした。日本哲学会委員長。昭和51年10月20日死去。62歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「倫理学」「真理論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩崎武雄の関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)カント(Immanuel Kant)昭和時代ヘーゲルフィヒテ哲学者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android