コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本武太夫 きしもと ぶだゆう

2件 の用語解説(岸本武太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本武太夫 きしもと-ぶだゆう

1742-1810 江戸時代中期-後期の武士。
寛保(かんぽう)2年7月7日生まれ。生家は美作(みまさか)(岡山県)の庄屋。幕臣にとりたてられ,寛政5年下野(しもつけ)・下総(しもうさ)の天領のうち飯沼地方31ヵ村の代官となる。小児の養育・荒れ地起返(おこしかえし)に手当金を支給し,越後(えちご)から入(いり)百姓をむかえるなど,天明の飢饉(ききん)後の農村復興につくした。文化7年11月7日死去。69歳。名は就美(なりよし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸本武太夫

没年:文化7.11.7(1810.12.3)
生年:寛保2.7.7(1742.8.7)
江戸後期の代官。名は就美。美作国東南条郡押入村(岡山県津山市)の庄屋彦左衛門の5男。15歳のとき同国英田郡倉敷(美作町)代官の下役となる。手代,元締を経て勘定奉行手付となり,安永9(1780)年勘定所詰普請役として美濃,伊勢,武蔵,常陸,甲斐を巡視する。天明1(1781)年佐渡奉行支配広間役となり11年間在任。支配勘定を経て寛政5(1793)年代官となり,下野国都賀郡藤岡(栃木県藤岡町)陣屋に赴任。同国芳賀郡東郷村(栃木県真岡市)を出張陣屋として,下野,下総の幕領を管轄する。寛政11(1799)年東郷陣屋に移り,小児養育,荒地起返しのための手当支給,堕胎や子間引きの防止,越後国の農民の入百姓の実施など,荒廃地の復興に手腕を示した。支配地は文化6(1809)年ごろに下総,下野内で当分預所を含め6万7454石(『御料郷村多寡記』)。代官在任17年。墓は東京都杉並区松ノ木3丁目の華徳院。<参考文献>村上直『竹垣・岸本代官民政資料』,同『江戸幕府の代官』

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本武太夫の関連キーワード拙叟宗益高橋波藍原文暉森白鳳松本龍澤岳鳳斎藤抱山早川正紀井元藤兵衛河原善右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone