峰蘇芳(読み)みねずおう

精選版 日本国語大辞典「峰蘇芳」の解説

みね‐ずおう ‥ズハウ【峰蘇芳】

〘名〙 ツツジ科の常緑小低木。北海道、本州中部以北の高山に生える。高さ一〇~一五センチメートル。茎は横に伏して地面をおおう。葉は光沢があり、長さ約一センチメートルの広線形で密に対生。夏、枝先に淡紅色または白色の鐘形花が数個集まって咲く。果実は広楕円形で長さ約三ミリメートル。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「峰蘇芳」の解説

みね‐ずおう〔‐ズハウ〕【峰×芳】

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北の高山に自生し、高さ約15センチ。は地をはって分枝し、長楕円形の小さい葉を密に対生する。7月ごろ、紅紫色鐘状の花を開く。名の「蘇芳」はイチイ別名という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「峰蘇芳」の解説

峰蘇芳 (ミネズオウ)

学名Loiseleuria procumbens
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物

峰蘇芳 (ミネスオウ)

植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。イチイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる