コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠治 しまづ ただはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠治 しまづ-ただはる

1489-1515 戦国時代の武将。
長享3年1月生まれ。島津忠昌の長男。島津氏12代。永正(えいしょう)5年父の自殺後,薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)・日向(ひゅうが)の守護職をつぐが,一族の武将や国人の反乱があいつぐ。鹿児島に大興寺を建立し,足利義昭(ぎしょう)の菩提(ぼだい)寺とした。大隅吉田城を攻略中の永正12年8月25日死去。27歳。通称は又三郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津忠治の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android