コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上弘美 カワカミヒロミ

2件 の用語解説(川上弘美の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐ひろみ〔かはかみ‐〕【川上弘美】

[1958~ ]小説家。東京の生まれ。中学・高校の理科教師を務めたのち、文筆活動に入る。「蛇を踏む」で芥川賞受賞。「真鶴」で芸術選奨。他に「溺レる」「センセイの鞄」「古道具中野商店」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上弘美 かわかみ-ひろみ

1958- 平成時代の小説家。
昭和33年4月1日生まれ。お茶の水女子大で生物学を専攻,自然との共生をまなぶ。卒業後,田園調布双葉女子中・高校の理科教師をつとめる。平成6年「神様」でパスカル短編文学新人賞をうけて本格的に小説にとりくみ,8年「蛇を踏む」で芥川賞。12年短編集「溺レる」で伊藤整文学賞,女流文学賞。19年「真鶴」で芸術選奨文部科学大臣賞。27年「水声」で読売文学賞。異形のものとの交流をえがく幻想的な作品がおおい。東京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

川上弘美の関連キーワード大岡玲白石一文青来有一大藪春彦中山あい子鳴海章縄田一男松浦理英子今村夏子松家仁之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川上弘美の関連情報