溺れる(読み)オボレル

デジタル大辞泉の解説

おぼ・れる【溺れる】

[動ラ下一][文]おぼ・る[ラ下二]《「おぼ(溺)ほる」の音変化》
泳げないで死にそうになる。また、水中に落ちて死ぬ。「川で―・れる」
理性を失うほど夢中になる。心を奪われる。ふける。「酒色に―・れる」
[補説]書名別項。→溺レる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼれる【溺れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 おぼ・る
泳げないために、水中で死にそうになる。また、死ぬ。 「川で-・れて死ぬ」 「 - ・れている子を助ける」
あることに夢中になって、心をうばわれる。耽溺たんできする。ふける。 「酒に-・れる」 「愛に-・れる」
ぼんやりする。 「帰りこむ道も-・れておもほえず今日の別れを惜しむ涙に/堀河百首」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溺れるの関連情報