琉球使節(読み)りゅうきゅうしせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「琉球使節」の解説

琉球使節
りゅうきゅうしせつ

(1)中国皇帝へ派遣された琉球国中山王(ちゅうざんおう)の朝貢使節と、(2)徳川幕府へ派遣された使節の総称。前者は明清時代(14世紀後半から19世紀後半)に北京へ派遣された。後者は「江戸立」とよばれ、薩摩の琉球侵攻後の1634年(寛永11)から幕末の1850年(嘉永3)までの間に18回行われた。琉球国王即位の際に派遣される謝恩使(しゃおんし)と、徳川将軍襲職の際に派遣される慶賀使(けいがし)とがある。北京への朝貢使節は紫金城で朝貢儀式に参加したのち、福州の琉球館(りゅうきゅうかん)で交易に従事した。琉球から福州向けに昆布・フカヒレ・ナマコ・鰹節など海産物を輸出する一方、中国から輸入した生糸・絹織物・漢方薬材などを、薩摩藩を通じて日本市場に転売した。交易資本である渡唐銀(ととうぎん)は、その一部を薩摩藩が出資した。

[真栄平房昭]

『高良倉吉著『琉球王国』(1993・岩波新書)』『高良倉吉・田名真之編『図説琉球王国』(1994・河出書房新社)』『安里進ほか著『沖縄県の歴史』(2004・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「琉球使節」の解説

琉球使節【りゅうきゅうしせつ】

江戸時代に琉球国王が幕府へ派遣した使節。琉球薩摩の侵略(琉球征服)に屈した結果,義務づけられたもので,将軍代替りの時に慶賀使(けいがし),新国王即位の時には謝恩使(しゃおんし)を派遣。1634年の慶賀使にはじまり,1850年まで両使合わせて20回派遣。18世紀初頭には使節の江戸上り島津氏の指示で中国風の行列に仕立てられ,徳川将軍と島津氏の〈異国〉支配を内外に誇示する有効な外交儀礼と位置づけられた。
→関連項目京街道鎖国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「琉球使節」の解説

りゅうきゅうしせつ【琉球使節】

江戸時代に琉球国王が襲封,将軍の代替りに際し,江戸に派遣した使節。1634年(寛永11)薩摩島津氏が琉球国王に徳川将軍の代替りを祝う慶賀使を派遣させたのに始まる。同年琉球が中国との朝貢・冊封関係を維持しつつ島津氏の知行に加増され,日本の幕藩体制への組入れが決定したのにともなう服属儀礼である。44年(正保1)には国王が襲封を将軍に感謝する謝恩使が派遣され,以後,慶賀使・謝恩使の江戸上りが恒例となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android