コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村麟也 かわむら りんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村麟也 かわむら-りんや

1879-1947 大正-昭和時代の病理学者。
明治12年9月11日生まれ。新潟医専,その後身の新潟医大の教授となり,のち慶大教授に就任。大正13年類脂質の研究で学士院賞受賞ツツガムシ病病原体リケッチアであることを究明して昭和7年浅川賞を受賞。昭和22年10月31日死去。69歳。山梨県出身。東京帝大卒。著作に「病理学総論」(共著)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわむらりんや【川村麟也】

1879‐1948(明治12‐昭和23)
大正・昭和期の病理学者。山梨県生れ。東大卒業後病理学教室に入り,欧州留学後,1911年新潟医専(のち新潟医大,新潟大)教授。新潟県地方病予防委員嘱託となり,地方病とくにツツガムシ(恙虫)病の病原体研究に努めた。当時,長与又郎林直助緒方規雄らがおのおの同様の研究に従事,相前後して病原体がリケッチアであることを明らかにし,このことにより32年川村らは浅川賞を受けた。これより先1924年《類脂肪の研究》に帝国学士院賞が授けられているが,脂肪染色法など一般病理学面での功績も大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川村麟也の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android