コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川棚温泉 かわたなおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川棚温泉
かわたなおんせん

山口県西部,下関市にある温泉。 JR山陰本線川棚温泉駅の東約 2kmに位置する。泉質放射能泉単純泉食塩泉泉温 38~43℃。婦人病,胃腸病,皮膚病にきくといわれる。勝陣山西麓に近く静かな環境の観光保養温泉地で,北九州方面からの入湯客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕川棚温泉(かわたなおんせん)


山口県下関(しものせき)市豊浦(とようら)町にある行楽向きの温泉。「下関の奥座敷」と称される。響灘(ひびきなだ)に近く、海水浴客の来訪も多い。含弱ラドン-カルシウム・ナトリウム-塩化物泉。泉温45℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川棚温泉
かわたなおんせん

山口県西部、下関市豊浦(とようら)町川棚にある温泉。室町時代の僧怡雲(いうん)の発見と伝えられ、江戸時代は長府(ちょうふ)藩毛利(もうり)氏の御殿湯であった。泉質は放射能泉。山陰本線川棚温泉駅からバスの便がある。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川棚温泉の関連キーワード山口県下関市豊浦町川棚豊浦(山口県)川棚[温泉]豊浦[町]奥座敷響灘

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川棚温泉の関連情報