コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川棚温泉 かわたなおんせん

3件 の用語解説(川棚温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川棚温泉
かわたなおんせん

山口県西部,下関市にある温泉。 JR山陰本線川棚温泉駅の東約 2kmに位置する。泉質は放射能泉,単純泉,食塩泉。泉温 38~43℃。婦人病,胃腸病,皮膚病にきくといわれる。勝陣山西麓に近く静かな環境の観光保養温泉地で,北九州方面からの入湯客が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕川棚温泉(かわたなおんせん)


山口県下関(しものせき)市豊浦(とようら)町にある行楽向きの温泉。「下関の奥座敷」と称される。響灘(ひびきなだ)に近く、海水浴客の来訪も多い。含弱ラドン-カルシウムナトリウム-塩化物泉。泉温45℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川棚温泉
かわたなおんせん

山口県西部、下関市豊浦(とようら)町川棚にある温泉。室町時代の僧怡雲(いうん)の発見と伝えられ、江戸時代は長府(ちょうふ)藩毛利(もうり)氏の御殿湯であった。泉質は放射能泉。山陰本線川棚温泉駅からバスの便がある。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川棚温泉の関連キーワード山口県下関市綾羅木山口県下関市有冨山口県下関市あるかぽーと山口県下関市小野山口県下関市新地町山口県下関市南部町山口県下関市延行山口県下関市椋野山口県下関市山田山口県下関市吉田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川棚温泉の関連情報