コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在郷町 ざいごうまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在郷町
ざいごうまち

江戸時代,城下町あるいは主要経済都市の近郊農村に発生した町で,在町 (ざいまち) ,郷町 (ごうまち) ,町方 (まちかた) ,町村 (まちむら) などと呼ばれたものの総称。都市と村落の中間に位置するもので,一般の村と違って地子免除などの特権をもつ場合もあったが,行政上は郡奉行 (こおりぶぎょう) など郷村担当の役人の支配下にあった。戦国時代以降の市場や宿場,門前町,港町に由来するものもあれば,江戸時代の政治組織や商品生産の発展に伴って興ったものもあり,イギリスの country townに比較される。戸数 1000,人口 5000程度をこえない小規模な都市的村落であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

在郷町【ざいごうまち】

江戸時代に村方(郡奉行支配下)でありながら町としての機能を果たしているところをいう。地方により在町・郷町・町分町場・町村などとよばれた。江戸時代には法的に都市・町と村の区別が存在したが,町として認められていても農商混住の在方の町については,在郷町とよぶことがある。
→関連項目宇治吹田吹田[市]平野郷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいごうまち【在郷町】

日本近世では法的に都市・と農村の区別が存在したが,農村地域にありながら実質は町として活動しているものをいう。郷町,町分,町場,在町,町村などの名称をもつ場所をさす。ただし法的に町として認められている場所でも,農商混住の在方の町では在郷町とよぶことがある。在郷町の成立は,その基盤となる農村の経済発展が問題であり,その中での宿駅・港などの交通要地や,木綿・布などの特産品集散地,あるいは平野部,山間部の接点にできた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在郷町
ざいごうまち

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の在郷町の言及

【河内国】より

…このように河内は江戸時代を通して幕府領,準幕府領が大きな比重を占め,裁判などは大坂町奉行が管轄するといった体制がとられ,一国もしくは半国近くを特定の大名が支配するといった大名領国には一度もならなかった。
[開発と産業]
 河内は中世末期以来経済的な発展が著しく,その結果地域経済の中心地として小都市,在郷町が早くから生まれた。枚方(ひらかた),久宝寺,八尾柏原(かしわら),国分,古市,大ヶ塚,富田林などが在郷町として知られ,久宝寺,八尾,大ヶ塚,富田林は中世以来の寺内町である。…

※「在郷町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

在郷町の関連キーワード小川(熊本県の旧町名)岩手県北上市黒沢尻坂下(福島県)土佐山田[町]高岡(高知県)八幡浜[市]尾花沢(市)寒河江(市)うきは(市)新井[市]加茂[市]加須(市)宇和[町]志木(市)野市[町]大津(町)浅口(市)西予(市)北方(町)池田[市]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android