コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川田雄琴 かわだゆうきん

2件 の用語解説(川田雄琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川田雄琴
かわだゆうきん

[生]天和3(1683)
[没]宝暦10(1760)
江戸時代中期の陽明学派の儒学者。梁田蛻巌三輪執斎に学ぶ。明倫堂教授,大洲藩に出仕。実践を重んじた。著書『大洲好人録』『基琴郷集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田雄琴 かわだ-ゆうきん

1684-1761* 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年4月28日生まれ。三輪執斎に陽明学をまなび,執斎の推薦で伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩藩儒となる。延享4年(1747)藩校止善書院明倫堂の創設にかかわり,教授に任じられた。宝暦10年11月29日死去。77歳。江戸出身。名は資深。字(あざな)は君潤。通称は半太夫。別号に琴卿(きんけい)。著作に「予州大洲好人録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川田雄琴の関連キーワード算額伊藤梅宇ウォルトンフェリペ虚栗八百屋お七世継曽我義経堂おさん・茂兵衛其角

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone