コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川田雄琴 かわだゆうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川田雄琴
かわだゆうきん

[生]天和3(1683)
[没]宝暦10(1760)
江戸時代中期の陽明学派の儒学者。梁田蛻巌三輪執斎に学ぶ。明倫堂教授,大洲藩出仕。実践を重んじた。著書『大洲好人録』『基琴郷集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田雄琴 かわだ-ゆうきん

1684-1761* 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年4月28日生まれ。三輪執斎に陽明学をまなび,執斎の推薦で伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩藩儒となる。延享4年(1747)藩校止善書院明倫堂の創設にかかわり,教授に任じられた。宝暦10年11月29日死去。77歳。江戸出身。名は資深。字(あざな)は君潤。通称は半太夫。別号に琴卿(きんけい)。著作に「予州大洲好人録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川田雄琴の関連キーワード川田琴卿教諭所儒者貞享

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android