コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川船奉行 カワブネブギョウ

世界大百科事典 第2版の解説

かわぶねぶぎょう【川船奉行】

江戸幕府が川船を統制するために設けた機関。勘定奉行の下にあり,奉行には小禄の旗本が任命され,現在知られる最初の就任は1633年(寛永10)の土屋利清である。43年より2人役,78年(延宝6)より3人役となった。仕事は川船に極印を打ち年貢・役銀を徴収することで,はじめは軍事的要請で川船把握を目的とし,その後は年貢・役銀の徴収が主となる。対象とする川船も,最初は江戸に乗り入れる川荷船であったが,海船そして在方にある川下小船・耕作船にまで拡大され,下役人が村々を巡回して無登録船を摘発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川船奉行の関連キーワード柘植善九郎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android