コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川八百蔵(初代) いちかわ やおぞう

2件 の用語解説(市川八百蔵(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川八百蔵(初代) いちかわ-やおぞう

1730-1759 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)15年生まれ。道外方(どうけがた)松島茂平次の子。大坂から江戸にうつり,「子役の名人」といわれる。寛延2年2代市川団十郎に入門,市川八百蔵を名のり,立役(たちやく)となる。荒事(あらごと)を得意とした。宝暦9年10月19日死去。30歳。初名は松島吉三郎。前名は松島八百蔵。俳名は定花。屋号は蓬莱屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市川八百蔵(初代)

没年:宝暦9.10.19(1759.12.8)
生年:享保15(1730)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名定花。屋号蓬莱屋。道外形松島茂平次の子。初め松島吉三郎の名で大坂の豊竹蛙井の操座に子役として出ていたが,寛保2(1742)年から子役として江戸中村座に出勤し「拍子事の名人」といわれて評判を取った。延享3(1746)年,2代目市川団十郎の門に入り松島八百蔵と改名,立役となる。このころには,団十郎の養子となっていずれ名跡を継ぐとの噂もあった。寛延2(1749)年,市川八百蔵と改姓。荒事を得意とし,特に曾我五郎の役は2代目団十郎をよく写した芸であったという。半面,色事や濡れ事の演技は不得手であった。2代目八百蔵の妻おるやは,彼の妹である。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』2期,『新刻役者綱目』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

市川八百蔵(初代)の関連キーワードナポリ王国市川八百蔵(初代)相場会所江村如圭前古典派音楽大英博物館河北門小鵜飼船太田全斎ゴドウィン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone