コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵(5代) いちかわ だんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川団蔵(5代) いちかわ-だんぞう

1788-1845 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明8年9月生まれ。初代市川市蔵に入門。のち4代団蔵の養子となり,4代市川団三郎をへて文政2年5代団蔵を襲名。江戸と上方で活躍。地味な芸風で,渋団(しぶだん)とよばれた。弘化(こうか)2年6月6日死去。58歳。大坂出身。初名は市川森之助。俳名は千升,紅山,市紅。屋号は三河屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市川団蔵(5代)

没年:弘化2.6.6(1845.7.10)
生年天明8(1788)
江戸後期の歌舞伎役者。初代市川鰕十郎の門人であったが,4代目団蔵の養子となり,主に上方で修業した。江戸出勤中の文化5(1808)年に養父を失ってのちは大坂の中芝居での活躍が続き,文政2(1819)年にようやく5代目団蔵を襲名,以後上方および江戸で活躍した。特に天保10(1839)年ごろからは,7代目片岡仁左衛門,3代目中村歌右衛門など大立者を次々に失った上方歌舞伎界において,数少ない座頭格の役者として奮戦した。その堅実な芸風から通称「渋団」。なお,6代目団蔵は5代目の没後に養子となった人で,初代,2代の当たり役のなかから「古劇八種」を制定している。

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

市川団蔵(5代)の関連キーワード語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せ市川 荒五郎(3代目)市川 鰕十郎(6代目)市川鰕十郎(六代目)市川 九蔵(5代目)古今亭志ん生(3代)柏木 琴華(2代目)市川 団蔵(8代目)音羽次郎三郎(2代)市川荒五郎(2代)市川荒五郎(初代)市川荒五郎(3代)市川鰕十郎(初代)市川団之助(6代)市川鰕十郎(6代)市川団之助(3代)市川団蔵(4世)市川団蔵(8代)市川団蔵(2代)市川団蔵(5世)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android