市振(読み)いちぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市振
いちぶり

新潟県南西部,糸魚川市青海町西部の集落。旧村域。 1954年青海町に編入日本海に臨む北陸街道難所親不知の西にある。寛永年間 (1624~44) の初め頃幕命で高田藩が市振関所を設け,海の遠見番所を兼ねた。県境の玉ノ木とともに国道8号線に街村をなす。松尾芭蕉の「一つ家遊女も寝たりと月」の句碑がある。一部地域は親不知子不知県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちぶり【市振】

新潟県南部、青海(おうみ)町の地名。江戸時代、越中と越後との国境の地として関所が置かれた。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)越後路「越後の地に歩行(あゆみ)を改て、越中の国一ぶりの関に到る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android