コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市振 いちぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市振
いちぶり

新潟県南西部,糸魚川市青海町西部の集落。旧村域。 1954年青海町に編入日本海に臨む北陸街道難所親不知の西にある。寛永年間 (1624~44) の初め頃幕命で高田藩が市振関所を設け,海の遠見番所を兼ねた。県境の玉ノ木とともに国道8号線に街村をなす。松尾芭蕉の「一つ家遊女も寝たり萩と月」の句碑がある。一部地域は親不知子不知県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

市振の関連キーワードあいの風とやま鉄道[株]OH!LA!HO!ビールえちごトキめき鉄道[株]岩槻都市振興とワッツ三社祭(歌舞伎舞踊)新潟県糸魚川市市振日本海ひすいラインビエール・ド・雷電北浦(宮崎県)親不知・子不知イルフ童画館北浦[町]延岡(市)上野 教道上野教道尼上野教道北陸本線傀儡師六斎市角兵衛

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市振の関連情報