市振(読み)いちぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市振
いちぶり

新潟県南西部,糸魚川市青海町西部の集落。旧村域。 1954年青海町に編入日本海に臨む北陸街道難所親不知の西にある。寛永年間 (1624~44) の初め頃幕命で高田藩が市振関所を設け,海の遠見番所を兼ねた。県境の玉ノ木とともに国道8号線に街村をなす。松尾芭蕉の「一つ家遊女も寝たり萩と月」の句碑がある。一部地域は親不知子不知県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市振の関連情報