コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸魚川市 いといがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸魚川〔市〕
いといがわ

新潟県南西部,日本海に臨む市。南で長野県,西で富山県に接する。豪雪地帯で,山間部では地すべりが発生する。1954年糸魚川町と浦本村,下早川村,上早川村,大和川村,西海村,大野村,根知村,小滝村の 8村が合体して市制。同年今井村の一部を編入。2005年能生町,青海町と合体。中心市街地は古くは北陸街道の宿駅,近世に入ると北陸街道と千国街道が分かれる宿場町,城下町として発展。姫川の谷は信濃,甲斐への近道で,戦国時代に越後の武将上杉謙信が甲斐の武田信玄に塩を送ったのもこの通路であった。姫川の川筋は本州中部を縦断する糸魚川-静岡構造線にあたり,山地には石灰岩,金,銀,鉄鉱などが埋蔵される。姫川の支流小滝川と青海川の上流地域は翡翠がとれ,硬玉産地として国の天然記念物に指定されている。セメント工業,硬玉類加工業,有機化学工業が盛ん。農業は平野や丘陵地での米作が中心で,林業も行なわれる。能生では小泊港などを根拠地に沿岸漁業が行なわれ,県内屈指の水揚げを誇る。能生の古社,白山神社は社叢が国の天然記念物に,本殿が国の重要文化財に指定。中心市街地付近の長者ヶ原遺跡,青海の田海川河口付近の寺地遺跡は国指定史跡。そのほか清崎城址,相馬御風記念館(→相馬御風),フォッサマグナミュージアムなどの観光施設があり,蓮華温泉など温泉もある。白山神社と天津神社の舞楽,根知山寺の延年(おててこ舞),青海の竹のからかいは国の重要無形民俗文化財。白馬山麓県立自然公園妙高戸隠連山国立公園中部山岳国立公園に属し,北アルプスへの北の登山口。また東西の海岸域はそれぞれ久比岐県立自然公園親不知子不知県立自然公園に属する。能生のヒメハルゼミ発生地は国の天然記念物。白馬連山の高山植物帯およびニホンカモシカライチョウは国の特別天然記念物。沿岸部を JR北陸本線,国道8号線が通り,大糸線,国道148号線がそれぞれ分岐,北陸自動車道のインターチェンジがある。面積 746.24km2(境界未定)。人口 4万4162(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いといがわ‐し〔いといがは‐〕【糸魚川市】

糸魚川

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

糸魚川市の関連キーワード新潟県糸魚川市中川原新田新潟県糸魚川市今村新田新潟県糸魚川市大谷内新潟県糸魚川市東谷内新潟県糸魚川市東寺町新潟県糸魚川市市野々新潟県糸魚川市五十原新潟県糸魚川市東川原新潟県糸魚川市大和川新潟県糸魚川市南寺島新潟県糸魚川市南寺町新潟県糸魚川市南押上新潟県糸魚川市上野山新潟県糸魚川市四ツ屋新潟県糸魚川市大久保新潟県糸魚川市山之坊新潟県糸魚川市蓮台寺新潟県糸魚川市中谷内新潟県糸魚川市来海沢新潟県糸魚川市御前山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸魚川市の関連情報