コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末永雅雄 すえながまさお

4件 の用語解説(末永雅雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末永雅雄
すえながまさお

[生]1897.6.23. 大阪,狭山
[没]1991.5.7. 大阪,大阪狭山
考古学者。13歳から古墳の発掘に参加,博物館などで独学し,1926~45年京都帝国大学で考古学と歴史学を学ぶ。1938年橿原考古学研究所を創設,1951~80年所長。1952年関西大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

末永雅雄【すえながまさお】

考古学者。大阪府出身。正規の教育は小学校だけだったが,京都帝国大学(現,京都大学)考古学の草分けで〈日本近代考古学の父〉と呼ばれる浜田耕作のもとへ弟子入りし,京都帝国大学考古学研究室の研究員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末永雅雄 すえなが-まさお

1897-1991 昭和時代の考古学者。
明治30年6月23日生まれ。独学で古代刀剣を研究し,のち京都帝大の浜田耕作に師事。昭和11年「日本上代の甲冑(かっちゅう)」で学士院賞。13年橿原(かしはら)考古学研究所を創設,のち所長。27年関西大教授。高松塚古墳などの発掘調査をおこなった。63年文化勲章。平成3年5月7日死去。93歳。大阪出身。著作に「古墳の航空大観」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末永雅雄
すえながまさお
(1897―1991)

考古学者。大阪府生まれ。高等小学校を卒業。恩師の京都帝国大学考古学講座の浜田耕作主任教授の勧めで、1926年(大正15)大学進学をせず同教授のもとで考古学を学ぶ。1927年(昭和2)奈良県史蹟(しせき)名勝天然記念物調査会嘱託となり、宮滝遺跡、河内(かわち)国府遺跡、1933年石舞台古墳、1936年唐古(からこ)遺跡などの発掘調査に参加した。1936年『日本上代の甲冑(かっちゅう)』で帝国学士院賞を受賞、1938年橿原(かしはら)考古学研究所を創設し、橿原遺跡の調査に参加、のち同研究所は奈良県立となり、その所長を務め、1951年飛鳥宮(あすかのみや)跡、1972年高松塚古墳、1985年藤ノ木古墳などを調査した。1954年ころから古墳調査に飛行機を用い、航空写真による観察という方法を導入した。1942年から大谷大学、龍谷大学、大阪経済大学、関西大学の教授を歴任。1980年文化功労者、1986年日本学士院会員となり、1988年文化勲章を受章。著書は『古墳の航空大観』など多数。平成3年5月7日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末永雅雄の関連キーワード八幡一郎森浩一赤星直忠大場磐雄岡崎敬工藤雅樹甲野勇坂本経尭玉井伊三郎早川荘作

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末永雅雄の関連情報