コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末永雅雄 すえながまさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末永雅雄
すえながまさお

[生]1897.6.23. 大阪,狭山
[没]1991.5.7. 大阪,大阪狭山
考古学者。13歳から古墳の発掘に参加,博物館などで独学し,1926~45年京都帝国大学で考古学と歴史学を学ぶ。1938年橿原考古学研究所を創設,1951~80年所長。1952年関西大学教授。近畿地方の代表的な遺跡の調査を行ない,日本の文化や,社会の発展・展開の研究に大きな実績を残した。調査の基本になる精緻で実証的な研究と,古墳の研究にいち早く航空機による写真撮影を取り入れるなど新たな調査方法との統合をもとに,大規模な調査を行なった。1976年日本学士院会員。1988年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

末永雅雄【すえながまさお】

考古学者。大阪府出身。正規の教育は小学校だけだったが,京都帝国大学(現,京都大学)考古学の草分けで〈日本近代考古学の父〉と呼ばれる浜田耕作のもとへ弟子入りし,京都帝国大学考古学研究室の研究員となる。その後,奈良県の茶臼山古墳,石舞台古墳などの発掘調査に携わった。1938年に奈良県の橿原(かしはら)遺跡の調査を担当,調査事務所が設けられたことから,これが樫原考古学研究所の創立とされる。同研究所は1951年に奈良県の機関となり,末永は1951年から1980年まで初代所長を務める。1952年には関西大学教授に就任。関西大学名誉教授。1972年に始まった高松塚古墳の調査で指揮をとるなど,発掘に関わった遺跡は多数。1980年に文化功労者,1988年には考古学者として初の文化勲章を受章。→橿原

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末永雅雄 すえなが-まさお

1897-1991 昭和時代の考古学者。
明治30年6月23日生まれ。独学で古代刀剣を研究し,のち京都帝大の浜田耕作に師事。昭和11年「日本上代の甲冑(かっちゅう)」で学士院賞。13年橿原(かしはら)考古学研究所を創設,のち所長。27年関西大教授。高松塚古墳などの発掘調査をおこなった。63年文化勲章。平成3年5月7日死去。93歳。大阪出身。著作に「古墳の航空大観」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末永雅雄
すえながまさお
(1897―1991)

考古学者。大阪府生まれ。高等小学校を卒業。恩師の京都帝国大学考古学講座の浜田耕作主任教授の勧めで、1926年(大正15)大学進学をせず同教授のもとで考古学を学ぶ。1927年(昭和2)奈良県史蹟(しせき)名勝天然記念物調査会嘱託となり、宮滝遺跡、河内(かわち)国府遺跡、1933年石舞台古墳、1936年唐古(からこ)遺跡などの発掘調査に参加した。1936年『日本上代の甲冑(かっちゅう)』で帝国学士院賞を受賞、1938年橿原(かしはら)考古学研究所を創設し、橿原遺跡の調査に参加、のち同研究所は奈良県立となり、その所長を務め、1951年飛鳥宮(あすかのみや)跡、1972年高松塚古墳、1985年藤ノ木古墳などを調査した。1954年ころから古墳調査に飛行機を用い、航空写真による観察という方法を導入した。1942年から大谷大学、龍谷大学、大阪経済大学、関西大学の教授を歴任。1980年文化功労者、1986年日本学士院会員となり、1988年文化勲章を受章。著書は『古墳の航空大観』など多数。平成3年5月7日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末永雅雄の関連情報