コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希薄/稀薄 キハク

デジタル大辞泉の解説

き‐はく【希薄/×稀薄】

[名・形動]
液体や気体などの濃度・密度がうすいこと。また、そのさま。「酸素の―な山頂」
ある要素の乏しいこと。物事に向かう気持ち・意欲などの弱いこと。また、そのさま。「問題意識が―だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

希薄/稀薄の関連キーワード吉松 隆:プレイアデス舞曲集 1/piano soloファントホッフの浸透圧の法則デバイ‐ヒュッケルの極限法則オストヴァルトの希釈律ファントホッフの法則チャネルカントリーダイリューション高所トレーニング高地トレーニングイオン強度の法則ヴラソフ方程式ファントホッフモル凝固点降下アナクシメネスレーゼドラマリーンバーンろ(濾)過機希薄磁性合金理想希薄溶液インドール

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android