コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄ら ウスラ

デジタル大辞泉の解説

うす‐ら【薄ら】

[形動ナリ]《「ら」は接尾語》
ある現象・状況などが、ほんの少し現れているさま。かすか。
「君が朱(あけ)なるてぶくろに雪も―にとけゆけり」〈犀星・三月〉
名詞・形容詞の上に付いて、うすい、少しばかり、なんとなく、などの意を表す。「薄ら明かり」「薄ら寒い」

うっすら【薄ら】

[副]《「うすら」の音変化》濃さ・明瞭度・厚さなどの程度がわずかであるさま。ほのかに。かすかに。うすく。「薄ら(と)赤みが差す」「薄ら(と)記憶に残っている」「雪が薄ら(と)積もる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うすら【薄ら】

〔形容詞「薄い」の語幹「うす」に接尾語「ら」の付いたもの〕
名詞・形容詞の上に付いて、薄そうに見える、光・色合いなどが弱々しい感じである、なんとなくそのような感じであるなどの意を表す。 「 -明かり」 「 -寒い」

うっすら【薄ら】

( 副 )
〔「うすら」の転〕
かすかなさま。うすく。 「 -(と)覚えている」 「 -(と)霜がおりる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薄らの関連キーワードブラック(Georges Braque)ヌーディスト・クラブカリブ海地域支援構想テルミドールの反動暑さ寒さも彼岸まで都市の縮小・縮退祇園(京都市)ホフマンの法則その他の母斑御座が醒めるイギリス帝国シュタイナハ肝斑(しみ)マダニ刺症伝染性紅斑総並・惣並バロットン吹っ切れる守護国家論アキタニア

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄らの関連情報