帝国国策遂行要領(読み)ていこくこくさくすいこうようりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本が対米英戦争へ向かう国策を定めた御前会議の決定文書で、1941年(昭和16)9月6日のものと、同年11月5日のものとがある。9月6日の決定は、「戦争ヲ辞セザル決意ノ下ニ概(おおむ)ネ十月下旬ヲ目途トシ戦争準備ヲ完整ス」、対米(英)交渉により「十月上旬頃(ごろ)ニ至ルモ尚(なお)我要求ヲ貫徹シ得ル目途ナキ場合ニ於(おい)テハ直チニ対米(英蘭(らん))開戦ヲ決意ス」となっている。11月5日のものは、対米交渉の甲乙二案を定めるとともに、「武力発動ノ時機ヲ十二月初頭ト定メ陸海軍ハ作戦準備ヲ完整ス」としている。いずれも御前会議決定による最高の国家意志として、戦争の決意と開戦の時期を定めたものである。

[藤原 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1941年に決定された日本の政策の基本方針で,対米開戦に踏みきったもの
南部仏印進駐以後の日米交渉の険悪化に対し,1941年9月の御前会議で方針を協議,10月下旬までに交渉不成立の場合は開戦を辞せずと決定した。交渉の条件をめぐり近衛文麿首相と東条英機陸相が対立,第3次近衛内閣は総辞職し,東条内閣が成立した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android