帝国国策遂行要領(読み)ていこくこくさくすいこうようりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国国策遂行要領
ていこくこくさくすいこうようりょう

日本が対米英戦争へ向かう国策を定めた御前会議の決定文書で、1941年(昭和16)9月6日のものと、同年11月5日のものとがある。9月6日の決定は、「戦争ヲ辞セザル決意ノ下ニ概(おおむ)ネ十月下旬ヲ目途トシ戦争準備ヲ完整ス」、対米(英)交渉により「十月上旬頃(ごろ)ニ至ルモ尚(なお)我要求ヲ貫徹シ得ル目途ナキ場合ニ於(おい)テハ直チニ対米(英蘭(らん))開戦ヲ決意ス」となっている。11月5日のものは、対米交渉の甲乙二案を定めるとともに、「武力発動ノ時機ヲ十二月初頭ト定メ陸海軍ハ作戦準備ヲ完整ス」としている。いずれも御前会議決定による最高の国家意志として、戦争の決意と開戦の時期を定めたものである。[藤原 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android