帯留(め)(読み)オビドメ

デジタル大辞泉の解説

おび‐どめ【帯留(め)】

帯締めの、結ばないで貴金属製などの金具で留めるもの。また、その金具。また、平打ちのひもに通して帯の前面につける、さんご・めのう宝石などの飾り。
刀を抜いたとき、鞘(さや)を帯に留めるため、にとりつけた角・木・金属製の鉤状(かぎじょう)のもの。折り金(がね)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯留
おびどめ

帯締と同じく、帯が解けるのを防ぐために用いるが、紐(ひも)先に金具のついているものをいう。パチン留ともいい、絹の平打ちの紐先の両端に金具の台座がつく。紐の長さは体型にあわせて調節できるようにつくり、両端の金具をひっかけるようにして留める。金具は金、銀、プラチナ、真鍮(しんちゅう)などに、花、動物、流水などが彫られている。明治中期以降には、パチン式の留め金具に似せた細工物を紐に通したものが多く現れた。細工物はサンゴ、ひすい、べっこう、象牙(ぞうげ)、そのほか宝石、木、金属、陶器、七宝(しっぽう)などさまざまな材料が用いられる。帯留は正装には使用されず、趣味の街着、ちょっとした訪問などに用いる。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の帯留(め)の言及

【帯】より

…現在でも行われている文庫結びは宝暦・明和(1751‐72)のころに始まったと伝えられているし,また,最も一般に普及している太鼓結び(お太鼓結び)は,1813年(文化10)江戸亀戸天神の太鼓橋が再建されたとき,芸者衆がそれにちなんで結んだ帯の形であるといわれている。また後帯が年齢にかかわらず多くなったのも,文化・文政(1804‐30)からであり,帯留をするようになったのも,ほぼこのころからである。ちなみに《都風俗化粧伝》(佐山半七丸著,速水春暁斎画。…

※「帯留(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android