脱漏(読み)だつろう

精選版 日本国語大辞典「脱漏」の解説

だつ‐ろう【脱漏】

〘名〙 あるべきものが抜け落ちること。もれること。脱落脱遺遺漏
※観心寺文書‐元慶七年(883)九月一五日・河内国観心寺縁起資財帳「地三段三百二十歩 同郡余戸郷十条宮道十四坪一段百六十歩〈東北角〉件十四坪一段百六十歩、省符、依券領納」
※民事訴訟法(1926)一九五条「裁判所が請求の一部に付裁判を脱漏したるときは」 〔杜甫‐又観打魚詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android