脱漏(読み)だつろう

精選版 日本国語大辞典「脱漏」の解説

だつ‐ろう【脱漏】

〘名〙 あるべきものが抜け落ちること。もれること。脱落脱遺遺漏
※観心寺文書‐元慶七年(883)九月一五日・河内国観心寺縁起資財帳「地三段三百二十歩 同郡余戸郷十条宮道十四坪一段百六十歩〈東北角〉件十四坪一段百六十歩、脱省符、依券領納」
※民事訴訟法(1926)一九五条「裁判所が請求の一部に付裁判を脱漏したるときは」 〔杜甫‐又観打魚詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「脱漏」の解説

だつ‐ろう【脱漏】

[名](スル)あるはずのものが抜け落ちること。遺漏。「文章に脱漏した部分がある」
[類語]漏れ落ち抜けけつ欠如欠損欠落欠員遺漏脱落欠漏疎漏空き間引き不備尻抜け抜かり手抜かり手落ち仕落ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「脱漏」の解説

【脱漏】だつろう

もれる。遺漏。南朝宋・裴松之〔三国志注を上(たてまつ)る表〕()壽の書、銓敍(せんじよ)るべし。事多く審正、に游覽の囿、世のなり。然れども失はなるに在り。時に漏するり。

字通「脱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android