コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付書院 ツケショイン

デジタル大辞泉の解説

つけ‐しょいん〔‐シヨヰン〕【付書院】

床の間わきの縁側に張り出した棚で、下を地袋などとし、前に明かり障子を立てたもの。出書院。出(いだ)し文机(ふづくえ)。書院床(どこ)。書院棚。→平書院(ひらしょいん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

付書院

出書院。和室の座敷の床の間の脇に設けられる書院の一種。書院には平書院と付書院があり、平書院が明り取りの障子だけがついたものに対し、付書院とは棚板と明り取りの障子で構成され、棚板の奥行の分だけ、縁側または外部に張り出しているもの。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付書院の関連情報