常の御所(読み)つねのごしょ

精選版 日本国語大辞典「常の御所」の解説

つね【常】 の=御所(ごしょ)[=御殿(ごてん)

内裏の中で天皇の日常の居所。古くは特定の殿舎はなく、初めは仁寿殿、後には清涼殿を用いた。室町末頃からは常の御殿という特別の御殿が営まれるに至った。現存の京都御所では御学問所の東北にある。
※兵範記‐保元二年(1157)九月八日「東萱葺長屋為常御所
② 貴族や将軍が日常いる所。
※勘仲記‐弘安二年(1279)正月三日「次参前殿〈大宮殿〉、於常御所方見参

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android