コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常の御所 ツネノゴショ

大辞林 第三版の解説

つねのごしょ【常の御所】

皇居内の、天皇の日常の居所。古くは仁寿殿、のちには清涼殿があてられていたが、室町時代以後、別に常の御殿が造営された。
寝殿造りで、主人がふだん住む部屋、または建物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常の御所の関連キーワード額突き仁寿殿後院

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android