常の御所(読み)ツネノゴショ

  • =御殿(ごてん)
  • つね
  • の=御所(ごしょ)

精選版 日本国語大辞典の解説

① 内裏の中で天皇の日常の居所。古くは特定の殿舎はなく、初めは仁寿殿、後には清涼殿を用いた。室町末頃からは常の御殿という特別の御殿が営まれるに至った。現存の京都御所では御学問所の東北にある。
※兵範記‐保元二年(1157)九月八日「東萱葺長屋為常御所
② 貴族や将軍が日常いる所。
※勘仲記‐弘安二年(1279)正月三日「次参前殿〈大宮殿〉、於常御所方見参

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android