備える(読み)ソナエル

デジタル大辞泉「備える」の解説

そな・える〔そなへる〕【備える/具える】

[動ア下一][文]そな・ふ[ハ下二]
ある事態が起こったときにうろたえないように、また、これから先に起こる事態に対応できるように準備しておく。心構えをしておく。「万一に—・える」「地震に—・える」「試験に—・えて夜遅くまで勉強する」
必要なときにいつでも使えるように、前もって整えておく。設備装置を用意しておく。「各室に空調設備が—・えてある」「応接セットを—・える」
必要なものを、どこも足りないところがないように持っている。具備する。「資格を—・える」「あらゆる条件を—・えている」
生まれたときから自分のものとしてもっている。身につけている。「人徳を—・えている」
[類語](1準備する用意する支度したく備え設け手配手配り手回し手筈てはず手当て段取りぜん立て道具立て下拵したごしら下準備態勢整備/(2備え付けるしつらえる設ける設備する設置する装備する装置する完備する常備兼備予備/(3)(4有する具備する具有する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android