コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常用時 ジョウヨウジ

デジタル大辞泉の解説

じょうよう‐じ〔ジヤウヨウ‐〕【常用時】

日常一般に使われている時間の示し方。平均して太陽が真南に位置する時を正午とする。→天文時

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうようじ【常用時 civil time】

標準時として日常使われている時刻システムをいう。現在は協定世界時が標準時の基礎となっているので,常用時といえばこの協定世界時を指す。これ以外の時刻システム,例えば暦表時,国際原子時などは常用時ではなく,学用時の部類に入る。【飯島 重孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうようじ【常用時】

午前零時を一日の起点とする時法。現在、日常生活で用いているもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常用時
じょうようじ

日常生活上、社会一般が共通して用いる時系。普通、標準時がこれにあたる。平均太陽が南中する平均太陽日の0時より12時間前の夜半の0時に始まって正午を経て、午後12時に終わる。日本の常用時はグリニジ常用時(世界時)より9時間早い。1972年からは協定世界時が世界共通の時系として採用されており、協定世界時より9時間進めた時間が日本の常用時である。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

常用時の関連キーワードフラッシュバックユリウス通日時(とき)地方時GCT子午儀起点閏秒時法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常用時の関連情報