常用時(読み)ジョウヨウジ

デジタル大辞泉の解説

じょうよう‐じ〔ジヤウヨウ‐〕【常用時】

日常一般に使われている時間の示し方。平均して太陽が真南に位置する時を正午とする。→天文時

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうようじ【常用時 civil time】

標準時として日常使われている時刻システムをいう。現在は協定世界時が標準時の基礎となっているので,常用時といえばこの協定世界時を指す。これ以外の時刻システム,例えば暦表時,国際原子時などは常用時ではなく,学用時の部類に入る。【飯島 重孝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうようじ【常用時】

午前零時を一日の起点とする時法。現在、日常生活で用いているもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常用時
じょうようじ

日常生活上、社会一般が共通して用いる時系。普通、標準時がこれにあたる。平均太陽が南中する平均太陽日の0時より12時間前の夜半の0時に始まって正午を経て、午後12時に終わる。日本の常用時はグリニジ常用時(世界時)より9時間早い。1972年からは協定世界時が世界共通の時系として採用されており、協定世界時より9時間進めた時間が日本の常用時である。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android